人気ブログランキング |

ばっかり、空。

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


大晦日。

あんなに暑かった夏が過ぎ去り、
あっという間に年末になってしまったような気がします。
2010年も今日でおしまい。
皆様にとってどんな一年だったのでしょうか?
毎年この時期、「来年こそは!」って意気込みだけはあるんですがねぇ…。

富山空港を本拠地にしているのに、
今年最後の投稿も小松空港ネタってのもどうかと思いますが…。

それでは皆様、良いお年を。
(私事ですが、深夜に今年最後のひと仕事に行ってきます。)
d0200402_825379.jpg


by 02toy20 | 2010-12-31 08:13 | 小松空港

雪雲がいなくなった隙に。

クリスマス寒波がようやく終息、
次は年末寒波かな?

大連便が2時間、新千歳便が30分延着する中、
この便だけは定時に。
しかも、太陽が顔を出したタイミングでアプローチ。
パイロットさんの日頃の行いですな。
12月27日 ANA885。
d0200402_1114178.jpg


by 02toy20 | 2010-12-28 11:12 | 富山空港

クリスマス。

今日はクリスマス。
子供たちは大喜び、
ニワトリたちは受難の日…。

クリスマス寒波に襲われ、空のダイヤが乱れてますね。
冬の荒天時の富山空港は、ヒコーキが遅れるのならまだ良い方、
最悪の場合来ません。
で、折り返し便も欠航になります。
せっかくの雪景色なので撮影に行くことも考えましたが、
こんな日はお家がいちばん。
早めに風呂に入るとします。

サンタさんは空を飛んで来るそうで…。
で、空つながりってコトで。
d0200402_14395989.jpg


by 02toy20 | 2010-12-25 14:38 | ブツブツひとりごと

今年、感動したコントレール。

空を見上げると、まっすぐ伸びるヒコーキ雲。
童心に戻って、いつまでも見惚れてしまいます。
今年撮った中での「The best of ヒコーキ雲」は、小松空港近くで見かけたコレ☟
大量のベイパーまで引き連れ、虹色に光っていました。
しかも機体はB747。
ジャンボを見ると、頭の中に流れてくる歌が…。
「♬ 田舎の田舎のハッスルばあちゃん(ハッスルばあちゃん)!  ジャンボに乗ってやってきたぁ〜 ♪」
世代がバレますね。
d0200402_8305250.jpg


by 02toy20 | 2010-12-20 08:19 | コントレール

平和がいちばん。

小松で行われていた日米共同演習が終了し、
決して静かではないながらも、いつもの朝を迎えていることでしょう。
参加された隊員の皆様、
展開されたヒコーキファンの皆様、
お疲れさまでした。
訓練は「もしも」の場合のためですが、
訓練が活かされる事態にならないことを願います。

大空を飛ぶヒコーキが好き。
戦闘機はカッコいい被写体でいてほしい。
それを見て、撮って楽しむのは人間、
戦闘機という究極の乗り物を操縦しているのも人間。
平和はみんなの願いだから。
d0200402_9431545.jpg


by 02toy20 | 2010-12-14 09:33 | 小松空港

RWYエンドでの泣き笑い。

私は撮影に行く前、今日はどう撮るか計画を練るタイプです。
バッグからカメラを取り出した瞬間に、パチパチっと撮ってナイスショット…、
って技はないですねー。
そーゆー人、尊敬しちゃいます。
天気予報、風向き、ヒコーキのダイヤ等を確認し現地に向かいます。
到着したらまず使用しているRWYをチェック。
そして、撮影ポイントへ。
カメラの設定をチェック。
で、獲物登場。
グングン迫ってきます。
緊張と興奮は最高潮!
細心の注意をはらってレリーズ。
獲物を捕えたあとカメラのモニターを眺めつつ、
ガックリきて帰りたくなったり、
予想外の収穫にひとりでニタニタ笑ってたり。
今日もRWYエンドでは空港カメラマンの数だけ、
様々なドラマが繰り広げられていることでしょう・・・。
(今日アップする画像は、予想外の大収穫の例です。)
d0200402_2150021.jpg


by 02toy20 | 2010-12-10 21:54 | 小松空港

ちょっと本気ンなっちゃったかな?

日本の隣国で物騒な事が発生し、同盟の結束をより強固なものとするため、北陸地方でも日米共同演習が行われています。
今回は明確な仮想敵国があるためか、日本各地で最大規模の演習(報道発表より)となっているそうです。
敵がいることによって我々人間社会は団結する習性がある、と聞いたことがあります。
もし、自分の家の中に不審者が進入してきたら、誰でも家族を守るために戦うでしょう。
当たり前のことです。
ただ、どの時点で応戦するかは人によってまちまちではないでしょうか?

家の周りをうろついている不審者を発見したとき?
家の中に不審者が進入してきたとき?
不審者が武器を持っているのを確認したとき?
自分や家族が襲われそうになったとき?
簞笥のヘソクリに手をつけられたとき?

日米同盟も同じだと思うのです。
日本がどの程度の危険に晒されたときに、米国は助けてくれるのでしょうか?
今回の演習の想定も「日本が攻撃を受けた場合」ですから。
でも、攻撃を受けてからでは遅いような…。
「新防衛計画の大綱案」が発表されましたが、日本の軍備だけでは国を守れないことを自覚し、もっと前向きな積極的議論が交されるべきです。

相手国の同意もないままに、出来もしないことをマニフェストに掲げて自爆した前総理大臣、
自衛隊を暴力装着などと発言する現官房長官、
海保隊員が体をはって日本領海を守っている事実を、外交カードとしてしか認識していない現内閣、
日米共同訓練の度に小松基地正門前で抗議活動をし、騒音測定をして帰る暇な政党、
まぁ、そんな政治家たちには国防を考えるアタマなんてないでしょうけど。


d0200402_16453724.jpg


by 02toy20 | 2010-12-07 00:04 | 小松空港