ばっかり、空。

<   2011年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧


一年の終わりに。

当ブログをご覧の皆様、今年一年ありがとうございました。

今日は昼前からとても気持ち良い晴天になりました。
嫁がおせち料理を作る間、子守りを任せられ、
ついでに撮り納めをしてきました。
ちなみに今年最後の獲物はモヒカンでした。
その様子はまた、いつか。

浮島町公園での撮影報告も今回でおしまい。
JAL再生の象徴たる鶴丸を、今年最後の投稿とさせていただきます。
それでは皆様、良いお年を…。
2011年12月11日撮影。
d0200402_2111715.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-31 21:10 | 旅の思い出

ゆく年、くる年。

ゆくジャンボ、くるジャンボ。
RWY05へタキシング中の福岡行きのジャンボと、RWY34Rへアプローチする新千歳からのジャンボ。
いってらっしゃい、おかえりなさい。
2011年12月11日撮影。
d0200402_9331923.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-30 09:35 | 旅の思い出

背くらべ。

兄妹の背くらべに見えませんか?
この時、Dランは鳥の駆除のため一時クローズ。
で、待たされてるヒコーキ達。
Dランへのタキシーウェイは2本あるんですが、
738は手前側にいるんで、奥側にいるトリプルは実際にはもうちょっと大きいはず。
2011年12月11日撮影。
d0200402_102465.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-29 10:20 | 旅の思い出

ピースジェット。

よく降りましたね、そしてよく積もりました。
今日は雪が一段落し、昨日はほとんど来てくれなかったヒコーキも来ているようだったんで、
仕事帰りに久々に地元で撮影してきました。
まともにカメラを持つのは羽田空港での撮影以来。
おそらく今年の撮り納めになるでしょう。

今年の夏休みの目玉ヒコーキだったんで旬は過ぎてしまいましたが、
前回のピカチュウに続きポケモンつながりでピースジェットを。
こう言ってはなんですが、やっぱりジャンボは存在感というか威厳というか、
他のヒコーキとは別格のものがありますね。
前回の似たアングルと比べてみるとよくわかります。
いつまでも飛び続けてほしい…。
2011年12月11日撮影。
d0200402_162024.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-27 16:20 | 旅の思い出

ピカチュウジャンボ。

すっかり都会な写真のブログになってます。
田舎のオヤジのがやってるとは思えません。
最近、地元のことは忘れてしまったかのように、全く撮影に行ってません。
念願叶って羽田空港で撮影でき、燃え尽きちゃったみたいです。
それに、雪がたくさん積もって寒いんだもん。

この日二度目(午前中タミ1で見た)のピカチュウジャンボ。
東京から帰る日もチラッと見かけたんで、3日間の滞在中いちばん多く出会ったヒコーキでした。
2011年12月11日撮影。
d0200402_2244148.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-25 22:44 | 旅の思い出

摩天楼。

ただの転がりなんだけど、結構気に入ってる写真。
アメリカ西海岸の空港っぽく…、ないか。
12月の低い位置からの太陽光線を受けたビル群と、ダイナスティーのお色がなかなか良い感じだと思ってます。

今日の地元紙朝刊のトップ記事で大きな発表がありました。
中華航空 富山~台北間 週2便定期路線決定!
4月16日から毎週月曜と金曜の運行となり、さらに7月からは週3便(曜日未定)となります。
到着時刻は正午頃、出発時刻は13:00頃で調整しているそうです。
機材は未定とのことですが、おそらく738でしょう。
富山でダイナスティー撮影のチャンスがぐっと増えますね。
楽しみです!
2011年12月11日撮影。
d0200402_16273094.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-23 16:30 | 旅の思い出

並行滑走路の妙技。

パラレル・アプローチがあれば当然、こーゆーこともある訳で...。
RWY34Lアプローチの赤組さんトリプルと、RWY34Rデパーチャーの青組さんジャンボ。

近未来的なデザインの管制塔、カッコイイですね。
高さが100m以上あって、世界第三位なんだとか。
奥の建物は旧管制塔で、現在はレーダー室としてのみ機能しているそうです。
2011年12月11日撮影。
d0200402_11295619.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-22 11:30 | 旅の思い出

パラレル・アプローチ。

浮島町公園で撮りたかったもののひとつ、RWY34Lと34Rへのパラレル・アプローチ。
つまり、二本の並行滑走路への同時進入。
5時間ほどの滞在中、構図的に良かったのは5〜6回ありました。
大都会空港のトラフィック数の多さを象徴する光景ですね。
2011年12月11日撮影。
d0200402_2215403.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-20 22:15 | 旅の思い出

浮島町公園。

ここは川崎市の浮島町公園。
対岸が羽田空港のRWY05と34Lという、とても素晴らしい撮影ポイントです。

午前着、ふたつ目のB787。
この機の到着に間に合わせるために、タクシーを利用して移動しました。
羽田空港からここまで10分程だったでしょうか。
首都高代金を含めて¥2050也。
決してボッタクリとかって意味じゃなく、この値段が高いかどうか、この時はまだ知る由もなく…。

B787の記念塗色は素晴らしいデザインですね。
でもこのヒコーキ、カッコイイかといえばビミョーかも…。
空気抵抗云々を突き詰めるとこの形になるのかも知れませんが、
カッコよく撮るのが難しい機種ってのは間違いなさそうです。
2011年12月11日撮影。
d0200402_8531179.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-18 08:50 | 旅の思い出

DREAM LINER.

遠目で見てもそれと解る主翼の形状、今が旬なB787。
これも絶対に撮りたかったヒコーキ。
RWY34Lアプローチを渋めに撮ったつもり…。

実は憧れていたのですよ、海からのアプローチ・シーン。
日本の空港は海岸近くにある場合がほとんどですが、
我がホームの富山空港は海岸線から約10kmも離れています。
川との絡みは可能でも、海との絡みはちょっと無理ですので…。

さて、初めて羽田空港タミ1で撮影してみた感想ですが、とても撮りやすい環境だと感じました。
フェンスはワイヤーで、レンズや手を突っ込むことが容易です。
また海、ビル群、そして富士山と、背景を活かした絵作りが可能です。
ターミナル間の移動に難儀することはなく、乗り継ぎや出発の待ち時間に思い出を作ることが出来ます。
都内からもアクセスは良好なので、ヒコーキを利用しない旅行の際にもオススメです。
2011年12月11日撮影。
d0200402_12425229.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2011-12-17 12:45 | 旅の思い出