ばっかり、空。

<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


JA005G.

この2日前も富山で飛んでいた国土交通省航空局のチェックスター。
今までチェックスターを見たのは、仕事中のチラ見だけ。
我が家の上を低空で飛んでったこともあったか。
で、撮影できたのは今回が初めて。
記念すべきお初の相手は、ボンバルディア製のJA005G チェックスター・ファィブ。
なかなかスマートでカッコよろし。

フツーならばここは立山連峰と絡めたいところ。
しかし、この日は晴れてはいたんだけど薄い雲が広がり空の抜けが悪く、立山連峰もダメダメだった。
2012年2月22日撮影。
d0200402_14234547.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-29 14:25 | 富山空港

久々、サークリング・アプローチ。

9knの北風。
これだけ吹いてりゃ、サークリング・アプローチ決定でしょ。

北側の視程はまだ良かったものの、南側は全くダメ。
ヒネリを山と絡ませたかったが、残念ながら実現せず。
2012年2月22日撮影。
d0200402_1110286.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-27 11:10 | 富山空港

JA6768.

サークリング・アプローチ狙いでRWY02エンドに行ったら、ちょうどお出掛けの準備中だった富山県防災ヘリ。
富山県警ヘリ「つるぎ(JA6769)」共々、老朽化による退役の時はそう遠くはなく、
この勇姿を見ることができるのも、あと2〜3年…。
2012年2月22日撮影。
d0200402_1716119.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-25 17:15 | 富山空港

夕焼け空に、舞い上がる。

広角で上がりを撮ると、どんなヒコーキもハイレート・クライムに見えてしまう。
このポイントでは初の試み。
これも空の表情に味方してもらえた。
2012年2月16日撮影。
d0200402_9575753.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-23 10:00 | 富山空港

カッチョえぇやん。

まさかワタクシが、チャイナサウザンの、
しかもエアバス機を狙うなんて!
だって、この時間のトラフィック、コレしかないのよん。
なんだかいつもよりカッチョえぇやん、A319。
2012年2月16日撮影。
d0200402_8174137.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-21 08:20 | 富山空港

夕陽に染まる雪原を求めて。

前回の続きカット。
ストレート下りで来るなら狙いを変えて、いつもより高いアングルから。
夕陽に染まる雪原を求めてみたけど、空の表情もまた、良かった。
2012年2月16日撮影。
d0200402_8461712.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-19 08:50 | 富山空港

期待通りにはならないもので。

天気も良く、夕方のトラフィックがある時間に出動してみた。
まずは空バック。
いつでも、どこでも、だれでも撮れる、どーってことないシーンだけど、
雪レフ効果がありがたい。

やや強い北風。
空港界隈へ到着したら、タワーからACTIVE RWY 02のアナウンスが。
サークリング・アプローチを期待し、心とレンズの準備はバッチリだったんだけど、フツーに20ストレート下り。
残念…。
2012年2月16日撮影。
d0200402_8582744.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-17 09:00 | 富山空港

君のこと、何も知らなかったよ。

前回の続きカット。
アンチコヒット以外はパッとしない気がしたけど、なんだかちょっぴり良い感じかな、って。
あとは、もう少し光があったらなぁー。

最近、DPPを使ったRAW現像段階の調整途中で、カメラのデフォルト設定から引き算することを覚えた。
今までは足し算で調整することしか頭に無かった。
知識のある方なら知っている方法かもしれないけど、たまたま逆転の発想で試してみたら思いのほか結果が良くて、すっかりハマっちゃった。
そして、大したウデもないクセに7Dの画質を過小評価していた自分が恥ずかしい。
AFだけじゃなく、写りも凄いよ。
今までゴメンね、7D。
2012年2月3日撮影。
d0200402_1154541.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-14 12:00 | 富山空港

直前までは良い天気だったのに。

この日は朝から良い天気。
昼間は仕事で撮影に行けなかった。
「なかなかの夕陽が期待できるぞ」と、かなり陽が傾いてから出動。
しかし空港周辺に着いた途端、嫌な感じの雲が広がってきた。
でも、手ブラで帰るのもなぁー。
そーゆーアテ外れな時でもなきゃ、こーゆー中途半端な空を撮る機会もない、か…。
2012年2月3日撮影。
d0200402_8242146.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-12 08:25 | 富山空港

コンチネンタル、見れず。

一昨日のこと、余程の美味しいネタでも無い限り絶対に空港へは行かない、そんな天気。
早ければ自宅から車で20分もかからない富山空港、圧雪路な上に朝のラッシュ時間と重なり50分もかかった。
何故そこまでして空港へ向かわなければならなかったのか?
それは、遥か南の島からチャーター機がやって来るから。

早起きて出動したワタクシの気も知らず、到着予定時刻を50分も過ぎてやっとタワーにコンタクトがあった。
流暢な英語を話すパイロットさん。
今年は「タイ人(のように微笑むことが出来るよう)になる」ことを目標に掲げる、純然たる日本人のワタクシにはやや聞き取りずらい。

確かにRWYに向かってアプローチしている。
低高度をかすめるジェット機の音がしたが、RWYエンドのすぐ傍にいたのにその姿は全く見えなかった。
激しい降雪の為、視界は良くても1km、最悪の場合は200mしかないこの日の富山空港、ミス・アプローチでゴーアラ。
周りがほとんど見えない状態で計器だけを頼りに飛行するなんて、とてもじゃないが想像できない。
機は一旦MEDICまで戻り、13000ftでホールド。
管制はトーキョーコントロールへ。
富山空港はというと、除雪の為に一時RWYクローズ。

空港館内放送でコンチネンタル機は中部へ下り、天候回復を待って富山までフェリーしてくる予定だと知った。
寒ぅ~い冬の連休を常夏の島で過ごそうとしていたお客は、出発の目処も立たずにガッカリしていることだろう。
流石にワタクシも今回は見ることを諦めて午前中で撤収。
その後コンチネンタル機が富山へ来たのかどうか、ワタクシは知らない。

雪でRWYが真っ白、背景も真っ白。
北陸の雪は重く、期待したくなっちゃう雪煙なんてのは、やっぱり無理…。
2012年2月9日撮影。
d0200402_7563195.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-02-11 08:12 | 富山空港