ばっかり、空。

<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


紅劔。

夕刻、絶景ポイントへ。
夕映えの剱岳。
(今回はオマケ付き。
お暇な方はMoreをクリックしてお付き合いくださいませ。)
d0200402_11321680.jpg

2012年11月25日撮影。

☆More☆
[PR]

by 02toy20 | 2012-11-29 11:30 | 富山空港

TAKE OFF (テイク・オフ).

ローマ字読みすると、タケ・オフ。

今回のタイトル、お互いに仕事の後に同僚のタケ氏とオフ会をしていたから…、ではない。

喋りすぎないブログを目指すと表明した早々に親父ギャグ…と、きたもんだ。

B6が立山を征服してしまったようなこの構図、やっぱり好きだ。
d0200402_11465248.jpg

2012年11月25日撮影。
[PR]

by 02toy20 | 2012-11-27 11:45 | 富山空港

富山県民の誇り。

前回の反省を踏まえて。
富山県民の誇り、立山。
その番格、剣岳。
d0200402_20571257.jpg

2012年11月25日撮影。
[PR]

by 02toy20 | 2012-11-25 21:00 | 富山空港

1/365日、晴天の午前。

ブログ3年目の目標を決めた。
「喋りすぎないブログ。」
写真を掲載しているのだからアレコレ書かず、写真が語るブログにしたい。

ここに訪れるのは一年に一度だけ。
当ブログで初投稿した写真を撮影した場所。
毎年ほぼ同じ時期に訪れているのに、タイミングがなかなか難しい。
そして北陸はこの時期、好天に恵まれる日が少なくなっている。
ベストタイミングで撮影できた幸運に感謝。
d0200402_9104343.jpg

2012年11月19日撮影。
[PR]

by 02toy20 | 2012-11-24 09:00 | 富山空港

今季最高の立山日和、其の参。

このシリーズ、今回でおしまいです。

小松の飛行機雲様に教えていただいた、お初なポイント。
撮影ポイントってのは自分だけのヒミツにしておきたいもの。
この絶景ポイントを快く教えてくださった飛行機雲様に感謝感激!

NH885。
説明不要、剣岳。
d0200402_1275666.jpg

続きカット。
これも説明不要、弥陀ヶ原。
d0200402_1291435.jpg

折り返し便のNH888の撮影では再び空港対岸に戻ってきた。
背景は薬師岳と桑崎山。
d0200402_12103352.jpg

ホントに素晴らしい一日だった。
天候、立山連峰、ヒコーキ、カメラ・写真好きだったこと、そして勤務との巡り合わせ…。
全ての偶然の重なりに感謝。
この後、仕事でなければもっと良かったが。
d0200402_12115982.jpg

2012年11月16日撮影。
[PR]

by 02toy20 | 2012-11-21 12:00 | 富山空港

今季最高の立山日和、其の弍。

神通川左岸で偶然、会社のH先輩に会い一緒に撮影を楽しんだ。
以前は同じ職場だったH先輩、今は違う職場で管理職をしておられる。
ヒラ社員のワタクシとは立場が違う。
H先輩は同じ高校の先輩でもあるが、当時は全く知らなかった。
子供さんの成長と思い出を撮る為に数年前にデジイチ昇格を果たしたH先輩、
暇なときに富山空港に出動しておられ、これまでもご一緒させてもらったことがある。
小松の総合予行にも共に出撃した。
最近ではレシーバーを配備することを検討しておられるようだ。
いよいよヒコヲタの仲間入り?
そして一度は立消えしてしまったフルサイズ機願望、再び着火してしまったかも?

H先輩と話をしているうちに雲はなくなった。
朝日航洋ヘリ。
フォトミッション、送電線点検、物資輸送などなど働くヘリ。
我が家の近所にも送電線点検の為に、かなり低空で飛んで来る。
いつかキッチリと撮ってみたい。
d0200402_1353965.jpg

燃える男の赤いヘリコプター、それがお前だぜ。
しかし燃えているのは火消し魂、JA6768富山県防災ヘリ。
大好きなヘリだが、このカットならばJA6769県警ヘリ「つるぎ」と絡めたかった。
d0200402_1355825.jpg

ダイナスティはRWY20上がり。
立山山頂と弥陀ヶ原、それに称名滝(の最上部で弥陀ヶ原台地がV字に割れているところ)も見える。
d0200402_13561970.jpg

ADOの上がり。
ここは小松の飛行機雲様に教えていただいた、お初なポイントだ。
それについてはまた、次回。
d0200402_1357865.jpg

2012年11月16日撮影。
[PR]

by 02toy20 | 2012-11-19 14:00 | 富山空港

今季最高の立山日和、其の壱。

閑古鳥を飼育しているような超暇ブログ、本日2周年です。
僅かながらも訪れてくれる方がいるから続けている、そんな感じです。
実はそろそろ辞めようと思っていました。
でも、心の目を育てると共にボキャブラリーを豊かにする為の頭の体操を兼ねて、もう少し様子をみてみようと考えなおした今日この頃です。

さて、昨日は会社の休憩時間にヒコーキを見て、目の保養をしてきました。
ず〜っと前から晴れ予報、立山眺望確率は60%、寝ている暇なんてありません。
金曜日の富山空港は普段の激暇なイメージは無く、そりゃもう「祭」ですから。
それに、雪化粧した立山連峰が待っていると思ったら…。
コーフンして寝れないでしょう。
まずは紅葉がキレイだった公園でアシアナ。
d0200402_15551218.jpg

NH886は南風に乗ってRWY20上がり。
ターミナルと立山連峰を。
d0200402_15564019.jpg

ダイナスティ、到着。
いつ見ても美しいヒコーキだ。
d0200402_1558213.jpg

アシアナの上がりもRWY20。
d0200402_15585785.jpg

2012年11月16日撮影。
[PR]

by 02toy20 | 2012-11-17 16:00 | 富山空港

いつまでも、見ていたくなる。

11月に入ると北陸の空は鉛色の日が多くなる。
秋も深まり、晴天が恋しく思える今日この頃。
夕刻の赤々とした空とも無縁。
一日中曇天、そして夜の闇が訪れようとしているとき、ようやく太陽がその存在を知らしめる。
d0200402_16165176.jpg

天候が下り坂との予報、そんな日は朝焼けが美しい。
空との出逢いは一期一会。
空をこんなに好きになったのは、ヒコーキ好きになってしまった副作用。
いつまでも眺めていたくなる、しかし仕事に行かなくては。
出逢った記念に、一枚。
d0200402_16172567.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-11-14 16:16 | 写スンです

どうする?富山の中国路線。

11月は半数の便が、12月は9便中6便がフライトキャンセル。
札幌、新潟と上海を結ぶ便も同様に一部運休。
そんなニュースが地元最有力紙に掲載された上海航空。
中国南方航空が10月末のダイヤ改正時から全面運休しており、まさに弱り目に祟り目。
外交問題がビミョーに絡んでいると思えなくもない、ヒコーキファンにとっても残念なニュース。
撮れるときに撮る、やはり鉄則か…。
d0200402_21594167.jpg

[PR]

by 02toy20 | 2012-11-12 22:00 | 富山空港

コントレールに魅せられて、其の弍。

第二回目です。
先を往ったヒコーキ雲に並走。
d0200402_1950233.jpg

こーゆーシーンを待ってました、ずっと。
ブルーインパルスのスタークロスっぽい、トライクロスとでも名付けましょうか。
ブルーは訓練の賜物、ヒコーキ雲は偶然の賜物。
d0200402_19515100.jpg

これまたブルーの5番機と6番機によるアクロみたいですね。
d0200402_1952041.jpg

ヒコーキは空を往く乗り物なのですよ。
d0200402_19524012.jpg

2012年11月4日撮影。
[PR]

by 02toy20 | 2012-11-10 19:45 | コントレール